『ザ・プレデター』予告編2の徹底分析・徹底考察(ネタバレありかも)

プレデター

「あいつ… でかすぎ!」 by Cat Predator

『ザ・プレデター』予告編第2弾を徹底分析・徹底考察してみた!

今回は予告編第2弾の徹底分析と徹底考察をしていきます。

なお予想部分に関しては「当たるも八卦当たらぬも八卦」くらいの軽い気持ちでお読み下さい。

また、分析に際して、他の予告編の内容を利用する場合もありますので、ご了承下さい。

予告編第1弾と重複するシーンに関してはスルーしています。

【2018】『ザ・プレデター』関連記事のまとめ(ネタバレ注意)
今までの記事のまとめページです。記事によってはネタバレの可能性がありますのでご注意下さい。予告編とすでに公開されている情報を元にストーリーを予測しています。

予告編第2弾:2018/6/28公開

映画『ザ・プレデター』予告 究極のプレデター降臨編

SUVの向かう先

山の一部を切り開いたような岩だらけの場所に4台の車が向かっています。

ここがどこなのかはっきりした手がかりはありません。

現場にいるのが黒い戦闘服を着たプレデター研究所の兵士であることから、プレデター研究所の関連施設(プレデター研究所の本体はもっと整地された場所にあると考えられます)もしくは宇宙船の墜落現場ではないかと想定されます。

この後、プレデター研究所の職員が精鋭部隊とともに森の中に侵入し、何かを探しているシーンが続きます。

時刻的にも日が暮れた後ですし、この場所は急ごしらえの施設のようにも見えますので、宇宙船墜落現場を急きょ封鎖した現場なのかなと思います。

 

森の中での捜索を続けるプレデター研究所のメンバーですが、兵士の一人が罠にはまり、逆さづりにされてしまいます。

このシーンで襲撃を仕掛けているのはおそらくアサシン・プレデターでしょう

予告編第4弾にアサシン・プレデター目線でのビジョンが映し出されるのですが、その際に右端の人間の肩に何らかの装置がついているのが分かります。

おそらくスターリング・K・ブラウン演じる研究所職員だとおもわれ、この襲撃シーンの一コマだと思われます。

以上の予想が正しいとすると、不時着した宇宙船に乗っていたのはアサシン・プレデターということになりそうです。

クインが宇宙船と遭遇:フラッシュバックの映像

クインがかってメキシコでプレデターの宇宙船墜落現場に出くわしたときのシーンが差し込まれています。

クインはプレデターの血液の臭いをかいだりしています。

どんな臭いがするのでしょうか?

クインの反応からすると、刺激臭でもするのかもしれませんね。

その後、プレデターのマスクを拾い上げます。

マスクには左目4本のひっかき傷があり、予告編第1弾でローリーが段ボール箱の中から取りだしたものと同じであることが分かります。

クインはマスクとガントレットを持ち帰っていたのですね。

 

クインは宇宙船墜落現場で襲撃を受けてしまいます。

血を流しているものの、プレデターはクインと戦えるだけの元気はあるようですね。

この時の相手はフジティブ・プレデターだと思われます(マスクの形状から)。

このフジティブ・プレデターはクインとの対戦のあと、仮死状態に陥り、プレデター研究所に回収され、ケイシーの目の前で目を覚ますという流れになりそうです。

 

クインが左腕用のコンピューターガントレットを持ち帰っているので、このフジティブ・プレデターは右腕だけにガントレットをしています。

故郷に連絡したり、光学迷彩を利用したり、左腕のリストブレイドを使用したりすることができません。

 

ただ左腕にガントレットを装着していないので、予告編内で見分けることは容易になります。

予告編の中には、1箇所だけ両腕にガントレットをしているフジティブ・プレデターが映っており、途中でローリーからガントレットを回収する可能性があります。

また何かの上を走っているシーン(予告編第4弾)では左腕にガントレットをしています(右腕にはなし)。

何らかの意味があるのか、撮影上のミスなのか正直なところ不明ですが(おそらく映像を反転させて予告編に使用している)、ガントレットが本作の一つの鍵になっているのは確かなようです。

VAのバス

クインは手錠をされ、VA(アメリカ合衆国退役軍人省)のバスに乗せられます。

ここでともに戦う仲間達5人と知り合うことになります。

全員特殊部隊あがり(レンジャー出身だと言っています)の荒くれ者達です。

バスの中で騒動が持ち上がった際は(演技の可能性が高い)、拘束エリア内に入った監視兵を全員で襲い、バスを乗っ取ることに成功します。

このバスの乗っ取りがどの段階で成功したのかについては詳細は明かではありません。

出発前なのか、移動中なのか、到着後なのか不明です。

ただ予告編第3弾に、プレデター研究所の敷地らしき場所にVAのバスが到着するシーンがあるので、クインを下ろすために立ち寄ったプレデター研究所内でバスを乗っ取り、プレデター脱走の混乱に乗じてそのまま敷地から逃げ出してしまうではないでしょうか?

フジティブ・プレデターがバスを襲撃するシーンがあるのですが、よく見るとこのVAのバスではなく、違うバスに乗っているところを襲撃しています。

VAのバスは窓に柵があり、もう一台のバスには窓に柵がないので見分けがつきます。

フジティブ・プレデター脱出

上記のバス乗っ取り映像と併行して、プレデターの逃走劇も映し出されます。

台の上に両手両足を固定されたプレデターが目を覚まし、暴れ出します。

このプレデターは宇宙船墜落現場でクインと戦ったフジティブ・プレデターだと思われます。

この時はマスク、ガントレット、胸当て、腿当て、ショルダー・プラズマキャノンを装着していません。

研究所職員と警備兵を排除してから、胸当て腿当て右腕のガントレットを身につけます、

それから部屋を出て、ケイシーが予告編でマスクを眺めていた場所に向かい、ガラスを破ってマスクショルダー・プラズマキャノンも?)を装着します。

そのあとは施設を脱出して、信号を発信しているコンピューターガントレットを探すことになりそうです。

アサシン・プレデター、ついに登場!

中学校でのシーンで注目して頂きたいのは、ローリーがなぜかプレデターのコンピューターガントレット左腕にはめていることです。

シリーズ上、プレデターの武器を利用することはあっても、ガントレットを装着することはなかったので、なぜローリーが装着しているのか、理由が分かりません。

またクインも宇宙船墜落現場でプレデターと対戦しているときに腕にガントレットをはめています。

光学迷彩でも利用する気でしょうか?

単にガントレットをしまう場所がなかったので腕に装着しているだけでしょうか?

(プレデターは熱源を感知するので光学迷彩は役に立たないはずですが…)

クインの映像ではガントレットをはめている腕が右腕の時左腕の時があり、おそらく映像を反転させて編集してあると思います(戦闘中にわざわざ付け替えているヒマはないため)。

クインは右利きのため、右腕でライフルの引き金を引き、左腕で銃身を固定させますので、左腕にガントレットをしている映像が正しい物だと思われます。

予告編の編集に際して、クインの映像の後につなげる映像や、前後の映像との統一感を出すため、左右を逆転させているのだと思われます。

 

中学校でフジティブ・プレデターがクインを吊り上げている最中、突如として現れたアサシン・プレデターがフジティブ・プレデターを投げ飛ばします。

このシーンは予告編第2弾の中で最も衝撃的な瞬間です。

シリーズ史上最大のプレデターが登場し、しかも同種のプレデターを投げ飛ばしているのですから。

ケイシーやルーニーズの表情を見る限り、アサシン・プレデター初登場シーンのようです。

この中学校での戦いでフジティブ・プレデターはアサシン・プレデターに殺されてしまうようです…

 

予告編第2弾に映し出されているアサシン・プレデターの映像は、その後の第4弾の予告編で変更されています。

中学校で、アサシン・プレデターがフジティブ・プレデターを見下ろしているシーンです。

第4弾では肌色の皮膚が暗緑色で赤い縞模様のある皮膚に変化する様子が映し出されています。

これは戦闘に際して皮膚を硬化させているのでしょう。

フジティブ・プレデターを掴む際は、腕が暗緑色だったので、いったん警戒を解いたのち、再度変化するようです。

ローリーが宇宙船内部に?

ローリーが宇宙船のように見えるものの内部から袖で窓の曇りをぬぐっているシーンがあります。

宇宙船内部にいるのでしょう。

ただ、クイン一行にはプレデターがいるかもしれない宇宙船にわざわざローリーを連れてくる理由がないので、プレデターによって誘拐されたのではないかと考えます。

そのためルーニーズがローリー救出のために宇宙船の墜落現場に集結するというストーリーになるのではないでしょうか?

アサシン・プレデターの正体は?

予告編内ではほとんど正体を現さないアサシン・プレデターですが、身長はおよそ3メートルあるそうです。

もはや人間が着ぐるみを着て操作できる大きさではないですね…

フルCGの可能性があります。

地球内外で様々な生物と異種交配し、優れた遺伝子を取り込んだプレデター界の最終兵器、プレデター界のシュワちゃんといった所でしょうか。

後の予告編で明らかになるのですが、マスクをしていなくても視界が鮮やかで、かなり戦闘能力は高そうです。

アーマーをほとんど身につけていませんので、新しい武器を使ったりせず、肉弾戦重視の戦闘スタイルでしょうか?

足が鳥類のような逆関節になっていますので、ダチョウのような動きになり、従来型のプレデターよりも移動が素早いかもしれませんね。

どんな鳴き声を出すのか興味を引かれます。

体が大きい分だけ、より低くより大きい鳴き声になるのではないでしょうか?

まとめ

アサシン・プレデターが登場し一気に凄みを増した『ザ・プレデター』の予告編第2弾。

シェーン・ブラック監督の隠し球とも言えるアサシン・プレデターの詳しい正体について知りたい方は以下の記事をお読み下さい。

【2018】『ザ・プレデター』アルティメイト・プレデターの予告編内進化について
アルティメイト・プレデター:アサシン・プレデターが編集作業により変化・進化していることが分かりました。さすがはハイブリッド・プレデターです。映画の公開前にすでに体色変化という新たな能力を手に入れています。予告編を見比べることで違いがはっきりします。
【2018】『ザ・プレデター』アルティメイト・プレデター:アサシン・プレデターについて知っておきたい10のトピック(ネタバレ注意)
『ザ・プレデター』に初登場するアルティメイト・プレデター:アサシン・プレデターについてまとめてみました。異種交配を繰り返すことで生まれた最強のハイブリッド・プレデターです。予告編や公開されたフィギュアをもとにその正体を推測しています。
【2018】『ザ・プレデター』アルティメイト・プレデター:アサシン・プレデターの正体(ネタバレ注意!)
『ザ・プレデター』の予告編に初登場して大いに注目を集めた新種の巨大プレデター。「アルティメイト・プレデター」「メガ・プレデター」などと呼ばれていますが、そのフィギュアの試作品が公開されていることが判明しいたしました!その名も「アサシン・プレデター」!無着色の段階ですが、全身像が分かるので、予告編の動画とあわせて、その正体に迫ります。

最後に面白ツイートを何点か…

プレデター注意の看板こわい!

 

アサシンプレデター、上手く描けています。

 

Funkoのアサシン・プレデター。迫力あってかわいい!

【究極?】「スーパー仙人おむすび」作ってみた!食べてみた?仙人になってみた?
【徹底検証】「仙人おむすび」作ってみた!&食べてみた!&仙人になれるか検証してみた!
映画『リミットレス』ネタバレありでレビューします!完全覚醒、ゾーンへの道! 僕にもNZTちょうだい!
【やったぁ!】メンタルヘルスマネジメント検定Ⅱ種とⅢ種を独学の初受験で同時合格する方法(合格体験記的方法論)
【どっちが面白い?】『THE MENTALIST/メンタリスト』と『Elementary/エレメンタリー』の徹底比較。おすすめはどっち?

コメント

タイトルとURLをコピーしました